雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広島が開幕3連勝。
日5-1オ
日・金村が被安打7・1失点の完投勝利。
打線も8回に木元が駄目押しの2号ソロが飛び出し、
連敗を2で止めた。オリックスは完投の川越を援護できず。

楽1-7西
西・カブレラが2HR・5打点と大暴れ。
投手陣も西口→星野→森→大沼のリレーで楽天打線を1点に抑えた。
楽天の連勝は2でストップ。
楽天初のホームゲームは2勝1敗の勝ち越しで終わった。

ロ5-2ソ
ソ・馬原は完投するも、3回の5失点が響いた。
ロ・小林宏が今季初勝利、小林雅が3セーブ目。
ソ打線は2回から7回までヒットが出ず。

讀7-8広
広・新井が4安打2本塁打5打点と大活躍。
讀賣投手陣は今日も中継ぎに泣いた。広島は3連勝。

中6-14横
3点を追う5回に横浜が種田・佐伯・小池のタイムリーで逆転すると、
続く古木がライトスタンドへ1号3ランを放ち突き放した。
その後も追加点を挙げ、気付けば15安打14得点で快勝。
中日は3連勝ならず、4番手ピッチャーのチェンも5失点といいとこなし。

神9-5ヤ (大阪ドーム)
ヤクルトは3回にピッチャー高井のプロ入り初ホームランなどで逆転すると、
4回に宮本のホームランでさらに追加点を挙げる・・・も、
阪神が4回にスペンサーのHR・赤星・藤本の連続タイムリー。
シーツの1号3ランで一挙6点を挙げ試合をひっくり返した。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://magbook.blog7.fc2.com/tb.php/10-32c345b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。