雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナゴヤドーム観戦記 中日3-6横浜
ドーム外観


行ってきました~。
中日と横浜なら応援するのは横浜なあんドゥです。
ちなみに中日を応援する時は相手が讀賣の時だけ。

(途中からは翼氏も参加、ドラが勝てばよかったんだけどね・・・)

昨日竜が負けて、虎にマジックが点灯したからか、
若干お客さんの入りは悪かったみたい。


実は、セリーグVSセリーグの試合はここ数年見てなかったです。
ベイスターズを生で観るのは初めて・・・ワクワク。
YB応援中


試合は1回から門倉の調子が悪く、4安打2失点と大変な出足。

写真の井端の2塁打、
打席は井端・・・この打席2塁打

続く福留と森野のタイムリーで計2点を失う。

2回以降門倉は、尻上がりに調子を上げて、
2~6回までは3安打無失点に。

その中でも、5回の1死1・3塁の場面、3塁走者はウッズ。
打者、井上の打球はレフト小池へのフライ。
かなり浅く見えたんだけど、ウッズはタッチアップ。
小池からの返球はワンバウンドで捕手・相川へ、
余裕をもってホームでウッズを刺殺し、追加点を許さず。
このプレーが竜の流れを断ち切った。

タネタネ


ベイの反撃は6回。
1死1・2塁からスペランカーがキレイにセンター前に運びまず1点。
7回には好投した門倉への代打、内川が先頭打者で出ると、
石井がキッチリ送って1死2塁。
ここでこの回から登板の高橋聡が連続四球を与え満塁に。

そして・・・4番佐伯がレフトへ2点タイムリーヒットを放ち逆転。

その裏。
この回、門倉から代わった加藤が2アウトを取るも、
福留にカウント2-1から、シンカーを右中間スタンドに運ばれ、
同点に追いつかれ→門倉の勝ちが消滅。

ライトスタンドを中心にドーム内は大騒ぎ。
場内のボルテージも上がってきたところで、
ちゃんと抑える加藤に萌え。

3-3・同点のまま9回へ突入。
竜は、同点ながら守護神・岩瀬を投入・・・まぁ、妥当ですな。

先頭の石井をライトフライに打ち取り、まず1アウト。
続く小池・金城が連続ヒットで1死1・2塁。
連続安打を打たれた時点で、いつもと違う雰囲気が。
そしてこの場面、打席は佐伯・・・岩瀬なら抑えたいトコだが、
1-1からの3球目が右ひじに当たりデッドボール。
かなり痛そうにしてましたけど治療を受け1塁へ、これで満塁。
スペランカーが三振に倒れ2アウトに。

そして打席には種田。
ここまで4打席中3打席、塁上にランナーがいる場面で凡退。
6・7回は得点圏に置きながら凡退と期待に応えれてなかったが・・・

フルカウントからの6球目をライト前へしぶとく運び、
走者一掃のタイムリーヒットに。
竜の守護神を打ち砕き勝ち越しに成功すると、
その裏はハマの守護神クルーンが、最速156km/hの直球などで
竜打線を3人で打ち取り試合終了。
横浜は逆転勝ちで2連勝、中日は虎の背中が遠のく連敗。

クルーン



今日のヒーローはタネタネ。
今日のヒーロー


声援に応えるタネタネ


見難いのは仕様



まぁ、携帯で撮ったんで画像は粗いですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://magbook.blog7.fc2.com/tb.php/241-f96c8e1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
昨日はナゴヤドームに行ってきました。といっても、バイトの都合でドームについたの7時半でしたが。そして、その時はまだ中日勝ってたのに、来るのを待っていたかのように点を取られていく(TT)最後は岩瀬で3点取…
2005/09/17(土) 00:28:53 | 翼記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。